リフォームの選択肢

窓ガラスのリフォーム

最近では中古物件を購入し自分好みにリフォームを行ったり、親から受け継いだ一戸建てをリフォームして子ども世代が使うというケースも多々あります。リフォームする場合、外観などを好みにすることも大事ですが、住み心地を良くすることが重要です。住み心地に大きな影響を与えるのは温度や湿度、他には採光性なども関わってきます。これらの条件を改善するのに効果的なのが窓ガラスの改修です。窓は外気との熱交換しやすい部位のため、窓ガラスの性能によって夏場、冬場での室内温度が変わってきます。低コストで改修したい場合は窓ガラスそのものの交換ではなくコーティングするという方法があります。コーティングの場合、内容にもよりますが、1平方メートルあたり1万〜3万程度で実施することもできます。

コーティングの効果について

窓ガラスを通じて外から室内に入ってくるものは光、熱です。そして室内から外へも熱が出ていきます。コーティングではこのような光や熱の出入りをカットすることができます。まず光についてですが、コーティングしてやることで太陽光に含まれる紫外線を大幅にカットすることができます。紫外線は人間の肌に悪いだけでなく、家具や家電などの劣化にも繋がりますので、紫外線の侵入を防ぐことは非常にメリットがあります。また、熱の出入りを防ぐことも大変効果があります。夏場ですと外からの熱が室内に入り込まず、冬ですと室内の熱が外に逃げていきませんので室内の快適性が大幅に向上します。空調の効きも良くなり、結露等も防ぐことができます。コーティングはコストパフォーマンスに優れている改修手段と言えます。