難しい施工にも対応

窓ガラスコーティングの費用について

窓ガラスコーティングは、既存の窓ガラスに透明な機能性塗料を塗り断熱性を高めるというものです。建物において、もっとも熱が逃げやすい場所が窓であり、この窓の断熱性を高めることで室内外の温度の影響を受けにくくなり、エアコンなどの空調を利用する際にもっとも効率よく動かすことができ、省エネに繋げることができます。現在の窓ガラスでは、ガラスの厚さを増したりペアガラスを使うといった方法で断熱性を高めています。また古い窓ガラスでも、内窓を取り付けたり、断熱フィルムを貼るといった方法で行われています。またコーティングでは塗料を使って窓ガラスに塗るため、複雑な形の窓に対応しており、一般的な窓の場合には4万円から6万円程度で行うことができます。

行うことによるメリット

窓ガラスコーティングなどの窓ガラスの断熱性を高めるメリットとしては、室内と屋外との温度の伝導率を下げることができるため、エアコンなどの空調の効率を挙げられるというものがあります。またコーティングは、フィルムなどに比べて高機能の場合が多く、特に耐久年数で優れ10年以上はその効果を持続することができます。コーティングをした場合には、赤外線をカットするので太陽光線が室内に入り込んでも、温度上昇を防ぐことができますし紫外線もカットするので、家具などの日焼けを予防することができます。また遮熱性の性能が高いので、夏場では5度から10度程度の気温上昇を防ぐことができ、また断熱性に優れるので、冬場には結露を防ぐといったメリットがあります。